毎日携帯電話を買い換えたいと思った出来事

先日、私のちょっとした不注意から、愛用していた携帯電話を壊してしまいました。

壊れたままではアフィリエイト稼ぐ仕事にも差し支えるので、その日のうちに私が使っているキャリアのショップに向かいました。

クチコミやネット上などでも言われていることですが、携帯電話ショップの店員さんには、どういうわけか綺麗なお姉さんが多いですね。

その日私の案件に対応してくれた出会い系サイト好きな店員さんも、非常に綺麗だと自信を持って言いきれる女性でした。

女性の歳を勘ぐるのは褒められることではないと自覚しつつも、私はついつい目前の女性の顔を見ながら、30歳前後かなと推測しました。

落ち着いた物言い、派手ではないものの妙に男好きのする顔つきに、私はこの人と仲良くなれたらなどと思いました。

カウンターを挟んでのやりとりを続けるうちに、私は彼女の胸元に目を奪われました。

制服姿で気がつかなかったのですが、彼女の胸はその制服をぐいっと押し上げるほどに大きいのです。

カウンターの下に隠れて誰にも見えてはいなかったでしょうが、私はその大きな胸に気づいてから、股間が激しく勃起していました。

新しい携帯の手続きは淡々と進みましたが、私の股間は淡々どころではありません。先走りの汁で先がぬめっているのが分かるほどです。

私はさりげなく、気付かれないように見ていたつもりだったのですが、どうやらその女性は私の視線に気付いていたようで、手続きが終わる頃に小声で「Gですよ」と呟きました。

それが胸のサイズであると気付くのに一瞬の時間を要しました。

私が恥ずかしさのあまり顔が火照ってきたのを誤魔化そうと、頭をかきながら「失礼しました」と謝罪すると、女性はやや苦笑いしながらも、「お客さんだけではありませんので」と、やはり小声で言ってフォローしてくれました。

自ら胸のカップを口にするなんて、と思いながら店を後にし、同時にジロジロ見てしまったことに後ろめたさも感じていました。しかしそれ以上に「ラッキーだった」と思ったり。

後日、私の携帯に見慣れない電話番号から着信があり、その相手があの胸の大きな美人の店員さんだったという、まるで漫画かドラマかと言いたくなるような出来事がありました。

その電話で女性は、私がビンビンに勃起しているのが見えていた、と言いました。

お互いに目立つものを見て興奮していた、ということですね。

コメントは受け付けていません。

Filed under run

部活仲間と・・・

僕のとんでも性体験は社会人1年目の正月だった。

田舎に帰省した僕は、大学時代の部活仲間で友人の親戚の空き家に泊まることになった。

これは僕らにとって恒例行事のようなもので、仲が良かったみんなが帰省し、

田舎によくある空き家に一晩泊まって酒を呑んで盛り上がるという、心安らぐひとときだ。

部活はバスケットボール部で、当然、他の大学の多くがそうであるように男女、両方のチームがある。

僕らは男女仲がよかった。一緒に出会い系サイトもやった。

友人としてももちろんそうだが、年頃の男女が毎日一緒にいたのである。

部員同士でくっついたり別れたりといった色恋沙汰も珍しくはなかった。

ただ、僕はというと、身内同士での恋愛が面倒で苦手で、

大学時代は隣の大学の彼女とずっと付き合っていたというのもあり、ほとんど皆無。

女子部員も友人として接していた。

しかし、この空き家呑みは、前年もそうだったのだが酒が入り盛り上がると王様ゲームをするという流れがなんとなく出来上がりつつあったし、

みんなもそれを期待しているような雰囲気だった。

この日も当然のようにそういう流れになったのだが、

毎年繰り返し行っていることもあって過激な流れになるのが早くなり、

深夜0時には「もうこれ以上はさすがにやばいね」という状況になった。

いくら酒が入っているといっても15歳からお互いを知る仲で乱交パーティーのような状況にはならないし、

そこまでは僕らも期待していなかった。

結局、ほどほどの所でもう寝ようということになり、全員が床に付いた。

そこまではよかったのだが、この床に就いた形状がなんだか変だった。

みんな足を部屋の中央に向けるような形で横になり、円のような形が出来上がったのだ。

人数は全体で12人だからそれこそ時計のようだった。

さらに男女比は丁度半々で綺麗にそれぞれの隣が異性になった。

僕は一瞬戸惑いながらも、僕を手招きする女子部員の隣で横になった。

女子部員はお世辞にも綺麗とか可愛いとかいう容姿はしていなかったが、それでも大学時代から不思議と男を絶やさなかった。佐賀出会い系でもしてるのかな…。

彼女も他校の生徒など、部活とは縁のない男と交際していたからそこは僕と似ていた。

しばらくするとみんな静かになった。

僕は日頃職業柄、時間に不規則な生活をしているため、そんな時間じゃ睡魔も襲ってこなかった。

しかし、別のものが僕の股間を襲ってきた。

その隣の女が僕の股間をまさぐり、荒い息づかいをしているのだ。

もともとこの女は性にオープンな所があり、

この日も自分で開発したフェラチオのテクニックがあるなどといった話をあっけらかんにしていたし、チョコバットで実演も披露していた。

みんなが同じ場所で寝ているという状況も手伝って、僕は完全に勃起していた。

ただ、その中で、これからこの状況でどうするんだろう、とも思った。

なにしろほんの数十センチ隣には他の友人たちの頭があるのだ。

とりあえず僕も彼女の身体を触ることにした。胸、耳、そして女陰を愛撫した。

めちゃくちゃに濡れていた。しばらくすると彼女は身体を後ろに向けた。

全てを察した僕はそのまま彼女の中に僕の男根を押し入れた。

あまりにも気持ちよかったすぐに射精してしまった。彼女は笑っていた。

僕はあわててトイレに立ち汚れを拭き取った。部屋に戻ってしばらくすると彼女もトイレに立った。

そういった行為を僕たちは再び繰り返し、朝を迎えた。

翌日、僕たちの行為は他のみんなに知れ渡った。

彼女の隣で横になっていた、警察官の男が起きていたのだ。

だけど僕たちは福島出会い系で遊んだりすることはあるが部員内で恋愛関係になったことはなかったので、完全に笑い話で済まされた。

あれから4年経った今、彼女は結婚し今年中に子どもが生まれる予定だ。

癪なのは、その仲間うちで僕が三こすり半で果ててしまったのがバレていること。

いつか他の女の子で普段はそうじゃないことを証明したいと思っている。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

義父からの異常な愛情

まだ、新婚といえる程の新妻です。

夫と結婚して、最初は同居という話もあったのですが、まだまだ、家族みんなが元気で仕事をしているので、しばらくは近居でいいじゃないか、ということで夫の実家から歩いて数分のところにアパートを借りて、身の丈にあった、新しい生活を始めました。

私は、ほとんど残業も無い事務員。夫は結構残業も多くて、帰ってきてお風呂に入ったら寝ちゃう日々。

正直、寂しいです。

「あいつはいつも忙しくて、ちゃんと可愛がってくれてるのか?」

と、立ち寄って夕飯を共にした義父に聞かれて。実はちょっと寂しくて、と話したら、だんだんスキンシップをとるようになって、抱きしめられたときに、抵抗しなかったら義父は群馬出会い系サイトでもセフレをたくさん作っている遊び人でどんどん行為がエスカレートしてきて、ある日、一線を越えてしまったんです・・・

疲れていて、淡白な夫とは違って、長時間私が何度も絶頂を迎えるまで、前義をやめず、自分がいかなくても、アパートに来るたびに私は義父にいかされてしまいます。

「俺がこれから行くと連絡したら、布団を敷いて裸で待っていろ」

と、電話がかかってきたときには、どうしたらいいのだろうと思ったけれど、結局は言うとおりにしているのです。

義父の独占欲は異常で、夫に言い訳できないと言っても、陰毛を剃りあげてしまったり、マジックで義父の名前を股間に書かれたり…

そうされることで、次第に性感が開発されてしまっている自分を恐ろしくも思いますが、もう、義父無しの暮らしが考えられないほど、体が義父を必要としています。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

あからさまなナンパはしない

どこに行っても、魅力的な女性を見かけると、知り合いになりたいと思いますし、できることならSEXしたいと誰もが考えると思います。

私の場合は、「あからさまなナンパはしない」という風に心がけています。

よくやるのが、バーに飲みに行った時に、隣にタイプな女性がいれば声をかけるきっかけを探ります。出会い系サイトで身に着けたテクニックです。

なるべく自然と話ができるように、女性がバーテンダーと話をしている内容に耳を傾けて、何の話をしているのかを探ります。

その女性とバーテンダーの話している内容が、ついて行ける内容だったら、頃合いを見て話に入って行き、女性と話すようにします。

バーテンダーと話し、女性と話しとを繰り返していると、お互い話をしているので口が渇きます。

そこで、その女性に一杯出してあげて、話の内容を膨らませて会話を続けます。

そうしていると、お酒も入ってきますからお互いに酔ってきます。

話も盛り上がってきてトークも弾んでいれば、いろんな話題に話が飛んだりしますのでジョークを交えながらトークを楽しみます。

そうこうしていて、今はLINEなどがありますからLINEの連絡先を交換して、別れる時は別れますが、いけそうな雰囲気だったら、違う店に誘い出します。

こういうやりかたで、最終的にはその日のうちに一緒にベッドにいくことが出来る場合もありますし、連絡先を交換して何回か誘って最終的な目的を果たすようにします。

この場合のポイントは、最初は和歌山出会い系目的ではないと相手にわかってもらうように自然な感じで話をすることです。

お互いに好きなものの話になれば、絶対話は盛り上がるので、その話を更に膨らませたりして長く話をすることが大事です。

バーの明るすぎない照明とお酒の力を借りて、さりげなく、自然に女性と話をすることからスタートすることです。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

上司の家で

「昨日から、妻が子供連れて実家に1週間泊まりに行ってるんだ。うちに来ない?」って誘われました。
同じ会社の上司で課長です。
そしてセックスフレンドです。

私はびっくりして「えっ、いいんですか?」って言いました。
「おいで」って優しく言ってくれました。

課長の家は1戸建てで新しい感じできれいでした。
中に入ると、すごく家庭の暖かい感じがしてうらやましくなりました。

写真が飾ってあって奥さんと子供と一緒に写っていました。
奥さんはすごくきれいな人でした。
子供も3歳でとてもかわいい子です。

なんかセフレの私がここにいるなんて場違いだなって少し気持ちが暗くなってしまいました。
そんな気持ちに気づかない課長が、お酒を出してくれました。
そして帰りに買ってきた食べ物を食べながら色々な話をしました。

今までは会社の話とエッチな話しかしてなかったけど、お互いの家庭の話もしました。
あつし(私の彼)や博史(同僚でセフレ)との事も話したり。
博史の話の時は、課長は少し辛そうでした。
博史が、本気で課長に惚れて振られてしまうという過去があったからです。
でも私が話すと「良かった元気になったのか」ってホッとしてました。

そしてだんだんとエッチな話になってきました。
「風呂はいろうか」と言いながら一緒に服を脱いで入りました。
私は「お風呂でも奥さんといっぱいエッチな事してるんですよね?」って聞いたら「そりゃそうだよ」って言いました。
興奮してきて「どんな感じで奥さんをいじめてるの?」って言うと、キスをしてきました。
私の舌を吸って、絡めてきます。
そして耳、首、おっぱい、乳首、クリ、おまんこ、足の指を丁寧に舐めてきます。
感じて大きな声がでちゃいました。
そして背中も下から上に唇を動かして私をゾクゾクさせてきます。
おまんこに太い指を入れてきてすごく気持ちのいい場所をピンポイントにこすってきます。
軽くイッってしまいました。
そして次に、泡を付けて丁寧に手で私の体を洗ってくれるんです。
洗っても洗ってもヌルヌルだって言いながらおまんこをいじります。
クリも洗ってくれています。
本当にすごくて声出しまくり状態でした。
私も課長の体をきれいにしてあげるって言いながら、手でいろんな所を洗ってあげました。
私にしてくれた所全部。
課長は特に乳首が感じる人で乳首をいっぱいつまんだり、こすったりしてあげました。
男なのに声がいっぱいでてました。
その声がめちゃくちゃ色っぽくて、私のおまんこから愛液が出てるのが分かります。
おちんちんもキレイに手で丁寧に洗ってあげました。
タマタマの裏も持ち上げて丁寧に洗いました。
また大きな声でよがっています。
そして少しフェラをしたら課長のイクって声であっという間にドロッとした精液が飛び出しました。

そして風呂から出たら、いつも課長と奥さんがセックスしてるはずのベッドに行きました。
課長がテレビをつけると前に私と撮ったハメ撮り動画が大画面のテレビで流れ始めました。
「アッあの時の・・」私のおまんこに大きなバイブが刺さっています。
そのバイブを上司がすごい速さで出し入れしている所でした。

それを見ながらキスをしました。
お風呂での興奮具合とは比べものにならない位興奮してます。
他人の夫婦のベッドでエッチな事してる上に自分のエッチしてる醜態を客観的に見せられて。
いっぱい愛撫しあい、二人で感じまくり騎乗位でセックスしました。
私の腰の動きは色っぽくて激しかったらしく、上司はすぐイッちゃいました。
でも私はまだまだで、もっと腰を動かしました。
そしてイキました。

興奮度が桁違いで、離婚した某有名人はこの快感にハマって、やめられなくなってたんだろうなって同情しちゃいました。学生出会い系でセフレをつくりかけましたがでも私はこの日だけしか、課長の家に行ってません。
あまりセフレの家庭の事は知りたくないので。

コメントは受け付けていません。

Filed under run

時間がかかりました

マカフィーのセキュリティの更新が切れていたので、いろいろと処理を試してみましたが、結局4〜5000円のお金を出さなくてもセキュリティーは守れるということがわかりました。

しかし、プログラムのインストールに時間がかかってしまって、記事を書くのもだいぶおすくなってしまいました。処理はまだ十分ではないはずですが、画面もbingのままですすめています。デスクトップがウィンドーだったので、いままでとは違う雰囲気なのですが、しかし、また、bingを使いにくいとアンインストールしたのに、何故デスクトップ画面はbingのままになっているのでしょう。出会った方に聞いても分かりません…。

パソコンを使用していると、たまに1日中このような作業に追われることがあります。
しかし、セキュリティでも途中の警告などを無視するとパソコンは大変なことになりますよね。

もう何年かパソコンを使っていますが、やっとパソコンのシステムというのがわかってきたような気もしています?

コメントは受け付けていません。

Filed under run

音楽鑑賞に最適なヘッドホン探し

私は、音楽が大好きでギターなどの楽器もやっています。
そこで、音楽を聴くときのヘッドホンには結構こだわっているのですが、今日はそのヘッドホンの試聴をしに電気屋さんに行ってきました。

私が行った所には、売場の壁にたくさんのヘッドホンが置いてあり試聴コーナーも充実していました。
価格帯は1万円くらいのものから10万円くらいするものまであり、色々と聞き比べてみると、本当にそれぞれでまったく違ったものでした。出会った女性の勧めていた意味が分かりました。

まずヘッドホンには大きくわけて、密閉型と開放型というものがあります。
密閉型というのは、音が外にもれにくく、音をはっきりと聞く用途には向いているのですが、長時間聞いていると耳が疲れてしまいます。

逆に開放型というのは、音が外に漏れてしまうのですが、自然な感じで音を聞けて耳の疲れも余りなく、感覚的にはスピーカーで聞くのに近い感じですかね。

このように用途などによっても色々と違いがあるわけです。
そして私が探しているのは、開放型のもので2.3万円くらいのものを探しているのですが、なかなか理想の品が見付りません
早く理想のヘッドホンに出会いたいものです。

コメントは受け付けていません。

Filed under run

面接の結果

今の仕事が決まる前の話ですが、

歯科の受付の面接を受けたんです。

面接中も手応えがなく、他のも探さなきゃな、と思っていたんですが、
とりあえず結果がでない事には、次にいけないので、

毎日電話を待っていたんですが、
待っても待っても電話はなし。

普通一週間くらいだよなぁと求人広告を見ながらぼんやりと待つ。

連絡なし。

で、2週間待っても何の連絡もなかったので、
もういいや、と思って2ヶ所くらい面接を受けたんです。

そちらの結果を待ってる途中、
やっと歯科からポストに結果がきました。

履歴書返却。
ダメでした。
出会った友達に思わず電話してしまいました。

面接を受けてから一ヶ月たってました。

普通一ヶ月もかかります?

もう面接した後にすぐ結果なんて出てるだろ!

ただのバイトなのに一ヶ月もかけるなんて手際悪すぎだし
こっちの身になれって感じです。

その後すぐに仕事が決まったのでよかったんですが、
今でもその事思い出すだけでイライラしちゃいます!

社員なら時間かけるの分かります!
慎重になるのも分かります!
ただ、バイトの場合決断は早くして!
こっちにだって生活がありますから!

心の叫びでした。
すっきりしたー!笑

コメントは受け付けていません。

Filed under run

「インテリア11」 

前ページより引き続き、部屋を広く見せるコツを紹介します。
これは掃除や整理の基本とも言える内容ですが、家具を集約させることです。
ただし一カ所にまとめてしまうのではなくて、すべて壁際に寄せてしまうことです。
そして床を露出します。
出来るだけ床を露出することにより広く感じますので動線も確保出来ます。
床面が広く取れる分、ラグをひいても綺麗に見えますし、何より掃除がしやすくなります。

ですので、家具を壁際に寄せて、なおかつ低く、奥行きの少ない家具を使用するのは
狭い部屋にとっては非常に良い手法だと思っています。探すのにも広い部屋の方が良いのです。

他にも壁に鏡を多用するのも非常に有効です。
IKEAには壁がけ用の様々な鏡が売っていますので
壁に並べて設置すると雰囲気もよくなりますし、なにより奥行きがあるように感じられて広く感じます。

やはり日本の住宅事情では広い部屋を取ることは難しいので、
いかに感覚を麻痺させるのか、錯覚さすのかが重要になってくると思います。

コメントは受け付けていません。

Filed under run

夏の夜

暑がりにとって夏は本当につらいものであるが、夏の夜というものは独特の空気があってよいものである。
クーラーをガンガンに効かせた人工的な部屋からは決して得られない、自然ならではの清涼感があるからだ。

虫の音が雨のように降り注ぎ、散歩に出かけているときなど本当に心地よい。
祭りの季節であるから、どことなく太鼓の音やお囃子などが聞こえてきて、今から何が始まるのだろう、とワクワクさせられるのである。

夏の夜に一度外に出ればもうワクワクは止まらず、何かがしたくなってくる。
用もないのに友達に連絡をし、ぐだぐだとやり取りをした後に突然会って祭りに行く、ということもよくある。

夏の夜は、疲れた精神を冷まし、私、町や人々に正気を取り戻させてくれる。

その感覚が何とも言えず、好きだ。
暑さのせいもあって人々はみんな元気であるし、祭りも多い。
一番苦手な季節だが、一番楽しいという何とも不思議な時期だ。今年も、こっそりと祭りを楽しみにしている。

コメントは受け付けていません。

Filed under run